2015.06.18 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ神楽

長下田神楽 牛若丸金売吉次鏡ヶ宿の場 @第11回神楽共演石越大会

さて、本日は長下田神楽さんの 牛若丸金売吉次鏡ヶ宿の場です。道化です。

その前に、長下田神楽さんの由来について

「明治26年(1893)、岩手県西磐井郡花泉町の上油田神楽の南部神楽師 佐藤和三郎を師匠に招き、五穀豊穣を祈願して「橋向神楽」として創設されましたが、その後、二つに分かれ、昭和24年(1949)池田清治を師匠に「長下田神楽」として継承され、現在に至っています。」

とあります。現在の代表は猪又一雄さんです。



さて、牛若丸金売吉次鏡ヶ宿の場ですが、これは義経記等にも記された、源義経の東下りの一節で、近江国鏡ヶ宿で金商人の三条吉次との出会いの物語です。
奥州へ財宝を運ぶ途中の吉次一行を盗賊の熊坂長範が襲いますが、これを偶々同宿していた義経が加勢して退治し、共に奥州の藤原秀衡の元へと道行するわけです。義経はここで牛若丸から元服したとされ、吉次を烏帽子親とする伝説もあります。

尚、このくだりは奥浄瑠璃の「熊坂長範」にも脚色された演目があり、正に丁々発止の大活劇となっています。

義経さん

DSC03457.jpg

と、ここで囃し方の笛が尺八に持ち替えて民謡の唄を掛けます

出てきたのは道化装束の金売吉次です

DSC03462.jpg

弟の吉内です

DSC03463.jpg

バカよバカよと呼ばれる末弟の吉六は 名人ならではの名演技です

DSC03467.jpg

熊坂長範です なんかカッコイイなぁ

DSC03477.jpg

熊坂と吉次兄弟が争っているところへ義経が入り、退治した後は共に奥州へと向かうことになり、千代の御神楽で舞い納めます

DSC03487.jpg

動画でどうぞ。

関連記事

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2015.06.18 |

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -