2014.11.21 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ剣舞

南下幅念仏剣舞 三番庭 @ 奥州市民芸術祭

さて、本日は南下幅念仏剣舞さんの三番庭についてです。

その前に南下幅念仏剣舞さんの由来について

「巻物園鏡傅によると、大同三年、出羽の国 羽黒山峰中権大僧都善光院の法印が荒沢鬼渡大明神の御堂にこもり念佛勤行をしている時、ある夜こつ然と二人の老翁が現れて「衆生済度の近道は舞踊の面白さを知らしめた上に導くことにある」と諭された。それに対し彼の法印は「しからば教えて候らえ」と申し上げたところ、一人は座して歌い囃し、一人は立ちて踊り始めた。伝授し終わると二人の姿は虚空に消えて見えなくなった。とあり、この踊りこそ念仏剣舞の始まりとされている。
以来絶やすことなく保存会を結成し伝承されている。胆沢区内では、八団体の剣舞が指定されているが、他の団体と比し一般的にテンポがゆったりしており、それだけ「力み」があると言われている。」

ということです。因みに現代表は高橋孝さんです。




ということで、胴取りが囃す中で跳ね人が庭入りします。

IMG_8496.jpg


「ソノヘェー」で胴取りが拍子を打つ中で、鬼面の踊り手は扇舞をします。


IMG_8516.jpg

ちなみにこの日、白面をつけた保存会員は初めて白面だったということです。
本来は8人の鬼面がそれぞれ異なった色と形相の面をつけるのが念仏剣舞の面ですが、近年は同じ面をつけるのが通例となっているので、こうした儀礼的な観衆が守られていることも重要だと思います。


IMG_8525.jpg

舞の最後は二人で狂い踊りをし、舞い納めます。

IMG_8549.jpg


動画でどうぞ。

関連記事

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2014.11.21 |

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -