fc2ブログ
2024.02.25 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ神楽

城生野神楽「河津三郎祐泰 最期の場」@2024結成記念くりはら神楽まつり

さて本日は、2024年2月11日に行なわれた結成記念くりはら神楽まつりから城生野神楽で河津三郎祐泰 最期の場です。

城生野神楽さんの由来について定本より

「嘉永年間(一八四八)富野城生野の富助が岩手県西磐井郡萩荘村市野々、自鏡山の山伏神楽を習得した。後部落の若者達に指導して城生野神楽を創設した。
以来城生野神楽は、山伏神楽の正統を保っているので宮城県北の神楽の総元締である。
初代庭元千葉幸之進、現在の庭元加藤義勝は五代目である。昭和三六年一一月、築館町の無形文化財に指定されている。」

とあります通り、幕末に自鏡山の法印神楽を習得して以来、明治中期に阿久戸神楽に伝承したのを初めに、栗原地方の十数団体に神楽伝授を行なってきた団体であります。現在の代表は佐藤安美さんです。

この日の胴は佐藤正行さんです。




目の河津三郎祐泰最期の場は、日本仇討ちの名場面のうちの一つです。

鎌倉頼朝公の富士の裾野の巻狩に出陣した河津三郎祐泰

20240211145626IMG_1012.jpg

一方工藤左エ門尉祐経は、自分の親が殺され、しかも領地まで奪われた仇敵河津親子を家来の大見の小藤太と八幡三郎に巻狩の帰路に遠矢にて射止めよと指示する。

20240211150209IMG_1014.jpg

祐泰は数々の獲物を射止め馬上にて帰路の時、赤沢山で待ち伏せしている近江八幡の遠矢に射られた。

20240211150409IMG_1018.jpg

祐泰の後を進んでいた、父祐親と弟祐清が駆けつけますが、既に虫の息。
父祐親は、「どうせ当たる矢なら、年老いた自分に当たれば良かったものを」と嘆きます。

20240211150438IMG_1023.jpg

河津三郎祐泰は、今わの際に、最期の願いとして妻子の養育を頼み息を引き取ります。

20240211151432IMG_1029.jpg

父祐親は弟祐清に兄の亡骸を弔うように命じ、祐清が兄祐泰を背負って弔いに向かいます。

20240211152625IMG_1035.jpg

動画でどうぞ


テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2024.02.25 |

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ