fc2ブログ
2024.02.16 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ神楽

城生野神楽「鶏舞」@2024結成記念くりはら神楽まつり

さて本日は、2024年2月11日に行なわれた結成記念くりはら神楽まつりから城生野神楽で鶏舞です。

その前に、城生野神楽さんの由来について定本より

「嘉永年間(一八四八)富野城生野の富助が岩手県西磐井郡萩荘村市野々、自鏡山の山伏神楽を習得した。後部落の若者達に指導して城生野神楽を創設した。
以来城生野神楽は、山伏神楽の正統を保っているので宮城県北の神楽の総元締である。
初代庭元千葉幸之進、現在の庭元加藤義勝は五代目である。
昭和三六年一一月、築館町の無形文化財に指定されている。」

とあります通り、幕末に自鏡山の法印神楽を習得して以来、明治中期に阿久戸神楽に伝授したのを初めに、栗原地方の十数団体に神楽伝授を行なってきた団体であります。現在の代表は佐藤安美さんです。」とありますが現在の佐藤安美さんです。

この日の胴は佐藤涼さんです。



この日の城生野神楽の鶏舞は、ステージにセリの設備があったので、セリから登場する演出でした。

20240211094613IMG_0808.jpg

南部神楽にはつきものの鶏舞ですが、実はそのもととなった法印神楽には鶏舞はありません。
またもう一つのもととなった山伏神楽には鶏舞はあるものの、現在の南部神楽の鶏舞とは全く芸態が異なります。
というか、鶏舞と御神楽の差異が判然としない山伏神楽にあって、南部神楽の鶏舞にはその残照が見て取れます。
なので、現在の南部神楽の鶏舞は山伏神楽の鶏舞をベースにしつつ、華やかな舞の所作を組み入れていったのかと推察します。
その典型がこの城生野神楽さんの鶏舞です。

20240211094724IMG_0817.jpg

岩手県内南部神楽の鶏舞(御神楽)には無いハイスピード感あふれる舞となっています。

20240211094906IMG_0825.jpg

それとともに、早い崩し舞の後半で舞手全員がピタッと止まる瞬間があります。
これは早池峰神楽系の崩し舞等でも見られる所作で、ここで観客から「ヨシッ!」等の声がかかる最高の見せ場です。
南部神楽で鶏舞を演ずる団体は多くありますが、このピタッと止める瞬間があるのは城生神楽だけです。

それに頼もしい若手も育ってきていますしね!

20240211095226IMG_0839.jpg

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2024.02.16 |

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ