fc2ブログ
2024.02.13 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ虎舞

両石虎舞@2024第26回釜石郷土芸能祭

さて本日は、2024年2月4日に行なわれた第26回釜石郷土芸能祭から両石虎舞です。

両石虎舞の由来については当日パンフレットより

「両石虎舞は航海安全と大漁祈願として江戸中期から踊り始められたと伝えられています。
幾度の津波により地域全域の被害を被り、貴重な資料を多数失いましたが、 踊りの型は崩すことなく今日まで受け継がれてきました。
活動は主に両石まつり (厳島神社例祭)、 両石町の行事等で踊っています。
両石虎舞の踊りの型は、虎頭の振り方、 足の運び方、 又、 踊りながら踊り手が交代す るのが特徴です。
囃子は太鼓の音、透き通った笛の音色、そして拍子をとるには欠かせ ない手鉦金に声掛け (どうめ)、 といった踊り手と囃子が一体となりそして威勢良く虎頭 を振り、足は相撲での四股を踏むような形で踊るのが両石虎舞の特徴です。」ということです。



また、言い伝えでは、両石地区は古くから三陸漁場を臨む漁港として、また江戸時代後期には近代製鉄発祥の橋野高炉より出銑の船積み場として賑繁な漁港であった。祭礼時には岸から岸へ小船を並べ繋ぐ船橋を、神輿や威勢のよい虎舞や山車が渡る光景は、活気あふれる浜祭として好評を博したということです。

20240204134950IMG_0736.jpg

子どもたちの笹踊り

20240204134952IMG_0737.jpg

刺し鳥舞

20240204135404IMG_0739.jpg

甚句

20240204135937IMG_0743.jpg

最後の笹喰みは、揺れる笹を獲物に見立て、すり足をしながら笹に飛びかかる勇壮な踊りです。

20240204140258IMG_0747.jpg

動画でどうぞ

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2024.02.13 |

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ