fc2ブログ
2024.02.10 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリシシ踊り

神ノ沢鹿踊@2024第26回釜石郷土芸能祭

さて本日は、2024年2月4日に行なわれた第26回釜石郷土芸能祭から神ノ沢鹿踊です。

由来について当日パンフレットより

「今からおよそ330年前、 南部藩政時代の中頃に房州生まれの唯善伝治と称するものが、 神の沢の萬蔵という人に教えたと伝えられています。

神ノ沢の太鼓打ちでいつも気になるのはあの山高帽子。
調べると明治時代から青年男子の正装時の帽子だったとか。
つまり、神ノ沢鹿踊が明治時代から連綿と繫がわれていたことの証とも言えます。



神ノ沢鹿踊創始者の萬蔵という人は、人に優れて頭がよく、笛・太鼓・唄・踊りの極意を納め、鹿踊の天 オでありました。
初代太夫となるその名前は後々まで伝えられ、20代本内澤友ニに伝承されています。 旧鵜住居村では最も古い芸能で、各神社の丁印として祭典の時には神ノ沢鹿踊だけで 踊りを奉納し、祭りを盛らせたと言われています。」

20240204122957IMG_0664.jpg

鹿には刀振りが付くが、ここの刀振りは躍動的で決め所でピシッとするので実に格好いい。

20240204122806IMG_0657.jpg

続いて鹿踊では、役踊りにと展開する。
一般的な鹿踊では雌獅子隠しとか言う演目名にしていますが、浜の方の一部ではこれを「突き合い」と呼んでるようです。

20240204124048IMG_0676.jpg

雌獅子を巡って、太夫鹿と側鹿が争奪を繰り広げる訳ですが、そこへ太鼓打ちが割って入り、太鼓の音でけしかける。
本当に山獣と里人が身近に暮らしている様を表現していると思います。

20240204124239IMG_0678.jpg

神ノ沢鹿踊の突合では、最期には仲直りしてるのが成る程と思わせられます。

20240204124312IMG_0680.jpg

神ノ沢鹿踊の演目としては、神社参拝、お寺参り参道の礼歌、門打ち(庭踊り)、入羽十二様、小切り十七様、役踊り、向返し、返し切り、柱がかり、女鹿狂い、綱がかり、花合せ、ねり、引き羽。

鵜住居の神社の祭りでは、常に丁印の芸能として神輿に供奉している。
来年も鵜住神社祭典に行きたいと思います。

20240204124437IMG_0685.jpg

動画でどうぞ

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2024.02.10 |

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ