fc2ブログ
2023.12.10 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ祭り

前沢厄年連「25歳緋桜蘭・42歳戌亥暒風会」@2023第18回奥州市郷土芸能の祭典

さて本日は、2023年11月19日に行なわれた第18回奥州市郷土芸能の祭典から前沢厄年連で25歳緋桜蘭・42歳戌亥暒風会です。

厄年連とは胆江地方(奥州市)独特の厄祓いを目的として同年齢の若者が祭りに参加する風習です。
男の厄年である25歳と42歳に同級生が集い、その年の水沢(日高火防祭、羽田火防祭)、江刺(甚句祭り)、胆沢(全日本農はだてのつどい)、前沢(前沢春祭り)、衣川(奥州ころもがわ祭)にニワカ踊り等を出して祭りを盛り上げるものです。

この厄年連のニワカ踊りも、近年ではよさこいソーランに似た歌や踊りが主流となっているため、単に祭りに華を添えるためのものかと思われがちですがさに非ず。

私自身も25歳の年祝いの際には、同級生たちと踊りで祭りに参加し、祭りの前夜には皆で町中の会館で酒を飲みながら一晩を共にした。これは一種の夜籠りをする若衆宿である。

また、江刺の甚句祭りにおける厄年連は、本厄にあたる25歳、42歳の前年から先輩厄年連から受け継いだ伝統を継承し、祭りの下回り役をこなして翌年には祭りの本舞台に華を咲かせる。
これは年齢階梯の祭り継承に他ならない。

水沢の日高火防祭のニワカも、昭和初頭の映像記録によると四十七士の歌舞伎の装束を纏って練り歩いたり、鹿踊や神楽の衣装で演じた風景も見て取れる。

今まで風流にも属しないと思われていた厄年連のニワカだが、今となっては再認識すべきではなかろうか。


ということで、令和5年奥州前沢 25歳厄年連 『緋桜蘭 (ひおうらん)』 です。

自己紹介から

「私たちは、『BEST ~Believe Enjoy Smile Teamwork〜』 というテーマのもと 会員一同総力をあげて活動しております。 約1年という短い準備期間でしたが、 会員それぞれが力を発揮し4年ぶりに開催した奥州前沢春まつりでは大成功を 納めることができました。先輩方が築き上げてきた伝統や故郷へのおもいを繋ぎ、 私たち個人が持つ自 分自身の能力・個性に花をさかせ 奥州市、 そして、 前沢をより良いものにしていき たいと思います。
私たちの楽曲である 『縁~えにし〜』 は江刺の7prizm music さんに作成していただ きました。 かっこよくも美しい楽曲と、 2丁扇子を使用した華やかな振り付けや、 力強 い振付にぜひ! ご注目ください!!」

スクリーンショット 2023-12-10 181226


42歳厄年連戌亥惺風会

「私たち戌亥惺風会(いぬいせいふうかい)は平成10年3月に前沢中学校を卒 業した同級生で結成しました。
令和2年に活動を開始してからというもの、新型コロナウイルスが蔓延し思うよう に活動出来ない期間がほとんどでした。 それでも耐えに耐え、今年4月に4年ぶ りに開催した奥州前沢春まつりでその熱い思いを爆発させて演舞させて頂きまし た。
今年は春まつりの他にも、沢山の会場で演舞させて頂き、 同級生のみんな、水沢 や江刺の厄年連・年祝連のみんな、そして、 見に来て頂いたお客様と数えきれない くらいの沢山の笑顔に会うことが出来ました。
私たちの演舞する期間は 12月までと残り少なくなってまいりましたが、 本日も 今持てる力を存分に発揮し、 皆様に最高の演舞を届けたいと思います。
故郷前沢にはそれぞれの思い入れや思い出、そして「仲間」 「友人」 と紡いでき た絆があります。 これから先も一期一会の巡り会い、 人と人とのご縁を大切に結び繋 いでいきたい。 という想いを込めて作りました。」

スクリーンショット 2023-12-10 181258

動画でどうぞ

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2023.12.10 |

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ