fc2ブログ
2023.10.20 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ神楽

本吉法印神楽「鬼門」@2023戸倉神社秋季例大祭

さて本日は、2023年10月15日に行なわれた戸倉神社秋季例大祭から本吉法印神楽で鬼門です。

鬼門の方角は艮で魔物が入り込むとされています。時間的には真夜中過ぎの一時から二時頃で百鬼夜行の刻とされ、屋棟も三寸下がると言われ忌み嫌われています。
鬼門と相対する方角は病門といい、これを五矢で祓い、鬼門の災いはこの鬼門で祓うというものです。

登場する神は素戔嗚尊です。

先に黒い吽面を付けてネリ舞にて四方を祓います



次に荒型の赤い阿面に変え、千早の袖を吊りを取って早調子の御請楽となります。

20231015112431IMG_8874.jpg

素戔嗚尊が高天の原を追われてから前非を悔い改め、諸国を巡って庶民の為に色々な教えごとをされた事は、法印神楽の演目にも数多く出ているが、この神楽は人間本来の正義心を表現したもので、幸魂を幸わう、即ち人間の為の、或いは社会の為の幸福を招来させるべく、自ら全力を尽くすという精神を舞に表現したもの

20231015112810IMG_8882.jpg

最後には責調子の太鼓になると素戔嗚尊は抜刀し、真剣にて綱に懸かります。

20231015112919IMG_8886.jpg

実際綱を切り落とすので、この演目の場合は、舞手は最初から真剣を携えているわけです。
正に真剣勝負の荒舞であります。

綱切り舞とも呼ばれるこの鬼門は、本吉代々法印神楽の所伝には天王巨旦退治とあり、素戔嗚尊が諸国を巡って諸魔を退治したことを演じたものとしている。

20231015113008IMG_8898.jpg

動画でどうぞ



テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2023.10.20 |

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

09 | 2023/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ