fc2ブログ
2023.09.23 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ神楽

岡谷地南部神楽「八幡舞」@2023登米神社秋季例大祭

さて本日は、2023年9月17日に行なわれた登米神社秋季例大祭から岡谷地南部神楽で八幡舞です。

八幡舞は山伏神楽系の演目ですが、それが伝承されているのは恐らく登米地方が南限と思われます。
それだけに現在は登米市の指定無形民俗文化財となっていますが、宮城県指定でも充分に価値のある神楽といえます。

八幡舞は誉田別命と品夜別命の兄弟二神の舞で、父である仲哀天皇と母である神功皇后も讃える舞となっています。
舞手は神楽女子です。



御神楽の手で一舞すると言い立てになります。

八幡神の本地を説くセリフです。胴取りと掛け合いになっています。
笹谷流の系譜ということですが、調子が一関地方のいわゆる瑞山流の名残も見られます。

20230917123612IMG_8239.jpg

最後は扇と幣束を十字に持って弓矢とし、激しく舞います。
まさに悪霊厄難をうち祓う祈祷舞です。

it's so cool!!!

20230917124105IMG_8250.jpg

動画でどうぞ


テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2023.09.23 |

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

08 | 2023/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ