fc2ブログ
2023.08.04 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ祭り

横手の送り盆「サイサイ囃子に心も踊る」@2009秋田県横手市

さて本日は昨日の能代役七夕に続いて秋田の夏祭りネタです。
コロナ以降秋田の祭りに行けてないのでそろそろ行きたいと思う次第です。

ということで、2009年8月16日に秋田県横手の送り盆行事「屋形舟繰り出し」を見聞したときの話題です。



送り盆でこの藁で作った屋形船を川に流す行事が始まったのは江戸時代の中期過ぎ(享保・天明・天保の頃)で、横手地方が度々大飢饉におそわれた。そのために飢饉で亡くなった方々を供養するため、当時の柳町町内が屋形舟を作り、柳を添え枝に法名を書いた短冊を下げ、蛇の崎川原に繰り出して御霊を供養したのが始まりと伝えられている。
今日でも屋形船に掲げた竹竿には衆生供養の文字が記された短冊が飾られている。

20230804183955DSC06964.jpg

それにしても横手地方が稲作地帯ともあって、供養の屋形船をすべて藁で作られているのが特筆される。
各町内の印も藁で拵えてある。

20230804183955DSC06969.jpg

さてサイサイ囃子
秋田県の南半分の祭りで広く取り入れられている祭り囃子に「サイサイ囃子」がある。
各地域によって、音律の抑揚の違いやリズムの緩急はあるものの、ベースとなるメロディーは通底している。
これは秋田県内の祭りを縦覧しているとその相似形に気付かされる。
いわば秋田県民のソウルメロディーというべきか。

20230804183955DSC06942.jpg

さておき、感嘆させられたのはこの太鼓囃子を奏するのが老若男女なべて楽しく率先していることだ。

ということで振り返ったみましたが、ますます今年は横手の送り盆を見に行きたくなった。

20230804183955DSC06981.jpg

動画でどうぞ

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2023.08.04 |

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

07 | 2023/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ