fc2ブログ
2019.01.07 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ剣舞

太田大念仏剣舞@第57回 北上みちのく芸能まつり 詩歌の森公演

さて本日は、第57回 北上みちのく芸能まつり 詩歌の森公演から太田大念仏剣舞です。

由来については、念仏本願回向巻物之事という伝書が保持され、天和3年(1683)に花巻市幸田の九伝次から伝授されたと記されている。



文久2年(1862)に記録された伝書には次のようにある

「夫剣舞ノ始ハ建武中閉伊郡奧陸守源頼基公奥州羽州両国ノ六十六郡ノ探題職ト成、源平ノ合戦討死ノ亡魂ヲ弔ヒ七月七日ヨリ十四日迄修羅念仏ヲ始、鐘太鼓笛ヲ以テ為拍子、縫詰ヲ差シ刀ヲ抜持躍ル、江林輩頼基公ノ受命ノ為是也、閉伊郡釜石尾崎大明神ト奉申ハ頼基公是也、然ハ奥羽弐ヶ国ニ限テ念仏興行也
右躍踊念仏之一巻ハ稗貫郡幸田村住人太夫九伝次ヨリ天和三年伝来処也、堅他見不可成者也
 干時文久二壬戌歳初秋末二日辰
    当村本師太田氏老人
       延寿院栄屋妙念居士   行年八十二才」

平成14年刊行小形信夫著「念仏剣舞」の中では、当時の太田念仏剣舞では念仏笠は用いられていないとの記述があるが、現在使用されている台傘には「平成20年 大笠復活記念」とあるので、この年以降に再び行われるようになったものと思われます。

021IMG_4678.jpg

台傘振りが終わるとシンドロと呼ばれる切子灯篭を先頭に、鐘太鼓笛踊子が舞い込む。

022IMG_4679.jpg

ツボケ振りが二人、踊りの中で刀を抜いて剣舞の所作も入る。

035IMG_4692.jpg

唐団扇持ちが数人で輪踊りをする。

031IMG_4688.jpg

念仏剣舞は、盆に回向をかけて家々を廻るものですが、その掛け唄の中には讃め唄もたくさんあり、弥陀八幡讃、権現讃、住吉大明神讃、白山権現などは神仏混淆の時代を映している。

025IMG_4682.jpg

動画でどうぞ

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2019.01.07 |

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ