fc2ブログ
2018.01.14 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ神楽

雄勝法印神楽 所望分 @ 1710 葉山神社秋季例大祭

さて本日は、葉山神社秋季例大祭から雄勝法印神楽の所望分(しょもうわけ)です。

所望分は、一年の四季を90日ずつ春夏秋冬の神々に分け与えたが、中央の八十万魂命である土の神に分け与えられなかったため、土の民(=人間)が、土中から生れ出づる恵みを受けずに困窮していたということです。

最初に八十万魂命が出て一舞します。

〽 應 自らは八十万魂命なり  天にあっては元気土徳の神、地に在りては五気元土の神 人にあっては脾土元霊の神
   四季の神たちに物申さんやのう



そのため八十万魂尊が、我にも四季を分領させよと願い出ますが、四季の神々は悉く断ります。

IMG_7437.jpg

ついには装束を改めて神戦となります。

IMG_7445_20180114163813d98.jpg

そこへ天之御中主神が現れて、四季の内から18日ずつを土用と定めて、諸事恩恵に預かるようにと宥め平定します。
そして、世々の困りごともかように解決することを祈って、鈴御神楽で舞い納めます。

IMG_7453_201801141638152ab.jpg

動画でどうぞ。

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2018.01.14 |

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ