fc2ブログ
2015.09.08 | Comments(6) | Trackback(0) | カテゴリシシ踊り

山岸獅子踊り @盛岡市青少年 郷土芸能フェスティバル

さて本日は、昨日と同じく盛岡市青少年 郷土芸能フェスティバルから山岸獅子踊りについてです。

山岸獅子踊りは、岩手県南部の太鼓系鹿踊とは違って、南部藩の祖、光行が甲斐から八戸に入部する際に、先払いとして連れてきた獅子踊りが祖型ということです。

由来などは本田安次著「田楽・風流1」から引用します

「盛岡城東、山岸の地、名刹永福寺の門前に古くより伝わったものといふ。
五穀豊穣、災疫退散の祓いに踊られた。獅子は子獅子とも七頭。歌手数名で、何れも袴をつけ、白足袋に草履をはく。



獅子はたてがみの代わりに白紙の切り下げをぞっくりと垂れる。
背には両側に三本宛の柳をさす。又、長く白幣を背に下げる。

IMG_5387.jpg

<子獅子>

IMG_5377.jpg

盛岡城二の丸「カブト岩」年々〆縄を張り直す際にこの獅子踊りをもって踊りまはらしめ、藩内鎮護の祈祷とした。
盛岡八幡宮の祭典には、神輿渡御の先頭を承る」

とあります。

現在は、山岸小学校、下小路中学校に指導する等継承に力を入れている。この日も中学生が力強く踊っていたのが印象的だった。


IMG_5379.jpg

動画でどうぞ。

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2015.09.08 |

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ