2015.01.31 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ神楽

八幡神楽 御神楽舞 @遠野郷神楽共演会

本日は遠野神楽共演会から八幡神楽さんの御神楽舞についてです。

その前に八幡神楽さんの由来について

「八幡神楽は遠野山伏系の神楽で、明治維新前までは遠野一円の山伏が集まって神楽を奉納し、明治になって修験廃止後に上組町の竜法院が中心となって神楽組を結成したのが始まりということです。
早池峰神楽を元にしながら浜神楽等の影響なども受けながら独特の奏楽と舞が展開されます。」

遠野の神楽は大出早池峰神楽系統の神人派と里に道場を開いた羽黒派山伏達によって伝承された山伏派、それに岳・大償の系流が混然となっている。
その中で、山伏神楽について類家英一郎編集「遠野の郷土芸能」にはこう説いてある。

「山伏神楽が明治以前よりなされていたものには、一応、附馬牛の意楽院が伝えた和野神楽、今は断絶した宥永宝明院の神楽(山本家の先祖)、遠野の御蒼前神楽、良厳院の八幡神楽などであろう」

ということなそうです。



ところで、タイトルには「御神楽」と書いたが実際は鳥舞です。
小倉神楽の際にも書きましたが、遠野や黒森での鳥舞は岩戸開きに連なる演目になっていて神楽の最初に行なわれるため「みかぐら」とも称しているということなので、ここでは同義とみているようです。

DSC01337.jpg

三人巡りです。
ところで遠野山伏系の鳥舞は三人舞が多いのですが何故だろう?
南部神楽でも古い系統の団体でも鳥舞は三人となっているし、御神楽を「三神楽」と称して三人舞を伝承している団体もある。そういえば・・・

DSC01338.jpg

舞の納め方が美しいですね。神楽が舞踊化した感じで親しみ易い感じを受けます。

DSC01352_20150131083942d56.jpg

※遠野神楽共演会レポートはここで一旦中断し、明日から尾松神楽鑑賞会レポになります。
 それが終わり次第また遠野神楽共演会について再開する予定です。 ご了承ください!


動画でどうぞ。

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2015.01.31 |

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31