2018.05.06 | Comments(1) | Trackback(0) | カテゴリ虎舞

大石虎舞Forever 平成30年釜石さくら祭り

さて本日は4月29日に開催されました常龍山天照御祖神社の式年大祭から大石地区に伝承されています大石虎舞です。

大石虎舞について芸能の紹介が祭りパンフレットにありましたので掲載します。

「慶長年間奥州の豪族葛西三郎の家臣であった、新沼善次郎が気仙の立根に伝えたのが始めという。虎舞はその乱拍子とともに頭の揺れ動き、その演技のいかんにより、その年の豊凶を占うとされ、災厄を払つて豊漁をもたらすという、心意の働いているものと言われる。和藤内が虎の背にまたがって。「天照皇太神宮」の神札をかかげるところは獅子舞の根源である伊勢信仰が反映しているものと思われる。舞は2部に分かれ、1部は「笹踊り」猛虎を奪い合う場面。2部は「御神楽」猛虎を承服させ、敵軍を家来にして御祝をする場面。」

とあります。



大石地区は唐丹町の南端で大船渡市吉浜町に接する半島の集落です。
私が奉職していた頃には小学校もあり、風光明媚な環境と厳しい自然の中で紐帯の堅固な集落という感じでした。
小さい集落ながら昔から優れた人物が輩出される地域で、現在は戸数44戸ということです。
春先に浜遊びでシウリ貝を大鍋で茹でて、それをつまみに酒盛りしたことが楽しい想い出です。

105IMG_2429.jpg

閑話休題


大石の虎舞は和藤内が付きます。
演目全体の形式を見ると大槌町あたりの虎舞を習い覚えるか模倣したものかと思います。

177IMG_2501.jpg

大石の虎舞で着目するべき点は囃子が権現舞と同じであることです。
三陸沿岸の虎舞の囃子は軽快な笛と太鼓が特徴ですが、大石虎舞は唐丹の常龍山御神楽などの囃子と同じものを使っています。

これは推測になりますが、大石という小さい集落で権現様と虎舞の二つを廻村させるのが困難であったため、二つを合わせたハイブリットな芸能を創作したのかということです。

178IMG_2502.jpg

何はともあれ、大石の虎舞がこれからも続くような勢いを感じて安心した一幕ではありました。
大石虎舞 Forever!

186IMG_2510.jpg

動画でどうぞ。

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2018.05.06 |

2018.05.05 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ虎舞

三嶋の虎舞 復活 平成30年釜石さくら祭り

さて本日は4月29日に開催されました常龍山天照御祖神社の式年大祭から小白浜地区に伝承されています小白浜虎舞です。

しばらく活動を休止していいましたが復活です。
三嶋の虎舞です。感動したなぁ。



小白浜虎舞について「全国虎舞考」から引用すると

「小白浜の三嶋一氏宅が別当となっている。
明治初期に三嶋歌一氏が、虎は千里の道も帰るという格言や大漁吉祥を願い、主席の場で猫に袋を被せ桶を叩き鉦を鳴らし、動きを見ながら振り付けしたと言われる。尾は竹竿をつけ大きく振りながら踊る。
三嶋の虎遊びまわる。道中獲物を狙う、笹喰み、獲物を襲うとき牙を磨く。揺れる笹を獲物として飛びかかる。
1月16日の小白浜八坂神社祭、3年に一回4月の唐丹大祭に行う」

とあります。

035IMG_2359.jpg

ところで、私が唐丹の中学校にいた時分には、小白浜の生徒たちがこの虎舞をやっていましたが、震災後は大石の虎舞を中学生が受け継いでいたようです。(そういえば当時いた生徒とこの祭で再会したな。30年ぶりか)

今回小白浜虎舞が復活したことによって、またこちらをやっていくことになるのでしょうか。
願わくば両方伝承ということがいいのではと思います。小白浜の子たちは小白浜虎舞を、大石の子たちは大石の虎舞を。
少子化で難しいか。

188IMG_2512.jpg

ともあれ、三嶋の虎舞がこれからも続いていくことを願います。
頑張れ 唐丹強友会!

194IMG_2518.jpg

動画でどうぞ。

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2018.05.05 |

2017.11.04 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ虎舞

城山虎舞 三日月公園御旅所に舞う

さて本日は平成29年10月8日に行われました大槌町赤浜鎮座の赤浜八幡例祭から、城山虎舞さんです。

城山虎舞は平成8年に釜石の尾崎町虎舞から指導を受けて、新しく結成された虎舞だということです。

平成13年に虎舞会館を建設し、活動拠点としていたが東日本大震災で道具もろとも流失した。
その後、支援を受けながら山車などを揃えながら復活。
城山虎舞は震災後いち早く様々な場面で虎舞を披露して、観るものに大槌に思いをはせるきっかけを作ってきたと思います。



この日の虎頭はとてもリアルな造りの頭で、いかにも大漁祈願、諸厄除災の験がありそうです。

IMG_8377_20171104171748395.jpg

三匹が絡み合い、とても迫力が増してます。
絵になるな~

IMG_8391.jpg

手踊り 大漁唄い込み

IMG_8396.jpg

手踊り 俵積み唄

IMG_8403.jpg

今回の赤浜八幡例祭では、神輿について赤浜三丁目を中心に歩きましたが、山を削った宅地に真新しい民家が建ち、また高層の公設住宅も建設中だったりと、まさに復興の槌音が聞こえる感じでした。

新しい赤浜の町づくりが進んでいることと、新しいコミュニティーが形成されつつあるのだなと感じました。
それでも祭りと芸能は変わること無く継続されています。
正に祭りはコミュニティーの絆でもあることを再認識しつつ、再来年の「お盛り」にはどんな「新生赤浜」の姿が見れるのか、楽しみだ!

IMG_8405.jpg

動画でどうぞ。

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2017.11.04 |

2017.11.03 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ虎舞

赤浜三丁目御旅所で舞う向川原虎舞 @赤浜八幡例祭 お盛

さて本日は、平成29年10月8日に行われました大槌町赤浜鎮座の赤浜八幡例祭から、向川原虎舞さんです。

ひょうたん島広場を出発した赤浜八幡神社の御神輿は赤浜三丁目の御旅所へと坂道を登っていきます。



それに続いて、太神楽や虎舞、、七福神が供奉して練り歩きます。

向川原虎舞さんの由来について「大槌町の郷土芸能」より

昭和25年戦後の荒廃した社会の中で、郷土芸能を通じて青少年の育成を図ろうと初代会長佐々木重夫氏を中心に向川原地域の青年会活動の一環として取り入れたのが始まりである。
当時見様見真似の単純な踊りであったが数年後に鵜住居青年会との交流の中で踊り囃子の教えを受けたものが現在の踊りの原型になった。
その後、高度経済成長期に若者が地元を離れるようになり、思うような活動ができない時期もあった。
そこで今より十数年前、釜石市鵜住居青年会の岩鼻節雄氏に再度囃子の指導を受けて活性化を図ったのが現在の向川原虎舞の囃子です。
また、最近では鵜住居青年会との交流を深め、技の向上を目指しております。


ということですが、東日本大震災の津波で山車等を流失し、日本財団などの支援を受け約700万円掛けて再建した。

IMG_8333_20171103155748005.jpg

伝承されている演目としては、通り囃子、矢車、跳ね虎、笹喰み、甚句があります。

IMG_8348_20171103155749f7d.jpg

赤浜三丁目は高台にあり、従来通りの住宅地です。
その中の一劃に御旅所を設えての虎舞奉納でした。

IMG_8345_20171103155751961.jpg

甚句です。

IMG_8354.jpg

動画でどうぞ。

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2017.11.03 |

2017.11.02 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ虎舞

神輿潮垢離と 赤浜弁天虎舞 平成29年10月15日 赤浜八幡例祭 お盛

さて本日は、平成29年10月8日に行われました大槌町赤浜鎮座の赤浜八幡例祭です。

東日本大震災で大きな被害を受けた大槌町赤浜地区ですが、毎年盛大に例祭を行ってきましたが、今年は特に「お盛り」と称して神輿巡幸を伴っての祭りとなりましたので取材に馳せ参じた次第。


赤浜八幡神社から望む蓬莱島(ひょっこりひょうたん島)



浜の祭りには定番の神輿の潮垢離です。
神輿に供奉する虎舞が囃し立てるので、10月の冷たい海でも若衆が勇んで海に入り神輿を担いで囃し立てます。

これぞ浜の秋祭りです!

IMG_8318.jpg

さて、もとに戻ってここ赤浜八幡宮を産土とする陸中弁天虎舞の奉納です。

IMG_8280.jpg

ここの虎舞の由来について「大槌町の郷土芸能」から抜粋

昭和49年秋、郷土芸能の発展の気概に燃え、地元の若者十数人を集め、岡本大作氏(現、陸中弁天虎舞 宗家)によつて「赤浜虎舞」が結成されました。
昭和56年夏、井上ひさし氏が『吉里吉里人』を著し、吉里吉里善兵衛の歴史と虎舞の郷土芸能に光を当てることとなりました。
周年、独立の気概に燃える大槌「吉里吉里国」の若人達によつて、大槌湾の真中にぽっかりと浮かぶ島、蓬来島「ひよっこりひょうたん島」に祭られる弁天神社に、和藤内の大神宮のお礼と吉里吉里善兵衛ゆかりの品が納められ、これを機に、陸中弁天虎舞と改名することとなりました。
蓬来島で踊る虎舞は、岩場から大海原を背景にダイナミックで躍動感にあふれ、まさに勇壮であります。
現在は会員も百人を超え、全国にその名を知られ、陸中弁天虎舞、二代目酔虎会(会長阿部富二男)として地元をはじめ各地で活躍しております。
踊りの種類は、散らし(前奏曲)、矢車(遊び虎)、はね虎、笹喰み、がある。

IMG_8282.jpg

元は赤浜虎舞と言い気の荒い虎舞っていう印象があった。
威勢のいい囃子と掛け声

虎はどこだ オッセイオッセイ
弁天虎舞跳ね虎舞 一杯飲まねば気がすまね
鍋釜売っても 良い嬶持たんせ
一生の花だよ 大漁萬作商売繁盛で
オーオーオーハー ヨイヤサー
トゥトゥトゥトー 虎はどこだ

IMG_8287.jpg

動画でどうぞ。

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2017.11.02 |

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30