2017.11.23 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ剣舞

末角笠踊り 初庭 @第45回川井郷土芸能祭

さて本日は、第45回川井郷土芸能祭から末角笠踊りについてです。

旧南部藩領内には神楽や念仏剣舞から派生した芸能が数多く受け継がれてきています。
その中でも、刀や長刀、弓等を持って輪踊りする採物踊りが好まれて、七つ踊り等に取り入れたりしている。

ここ川井地方でも、剣舞や御戸入り、笠踊り、八尺舞等で採物舞が勇壮な形で表現されている。

それと、川井地方の芸能の特徴が太鼓です。

饅頭笠を深々と被り、着流しに袴を履いて、踊りながら太鼓を打ちます。
鹿踊でも、鹿と対になって踊る様はまさに圧巻です。
太鼓だけ見ていても充分に楽しめます。



さて、末角笠踊りは、旧小国村の末角に伝承される盆の芸能です。
由来について

「言い伝えによると、戦から帰ってきた兵士を迎えた踊りとされている。
勇壮な刀や長刀を持った若者に続いて笠をかぶった女性的な踊りの子が続くことから笠踊りと言われている。
混乱と物資不足で戦争前後から途絶えていたが、昭和63年に地域に復活の強い機運が盛り上がり、40年ぶりに再開された。」

ということです。現在の代表者は八重樫仁さんです。

IMG_8866_20171123085926929.jpg

末角笠踊りは、お盆に大圓寺で踊られる他、賀茂神社の祭りでも奉納されているという。
女の子たちの笠踊りは、そのまま大念仏の供養踊りの態です。
まさに念仏剣舞の流れといえそうです。

IMG_8868_2017112308592811b.jpg

かつては旧小国村の大仁田にも同様の剣舞があり、その唄の内容が舎利経文であったという。

IMG_8870.jpg

お盆の夕暮れ時に笛太鼓とともに笠踊りの一団が集落の家々を巡る様は、正に祖霊供養とともに、秋の実りを祈る一時であったことが偲ばれます。

IMG_8875_20171123085931896.jpg

動画でどうぞ。

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2017.11.23 |

2017.11.18 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ剣舞

田代念佛剣舞 二十七、高舘 @第45回川井郷土芸能祭

さて、本日は第45回川井郷土芸能祭から田代念佛剣舞で 二十七、高舘です。

その前に、田代念佛剣舞について、岩手県民俗芸能誌から参照します。

「旧門馬村(現宮古市門馬)の田代に伝承され、阿修羅踊りとも称している。
田代の去石部落の去石仙仁門が仙台の七北田に酒稼ぎに行っていた間に習い覚えて巻物を授与されたと言われているが、踊りの方はむしろ青森県の剣舞に似ている。」

とあります。起源は文化年間(1804~1817)と伝えられている。

現在の保存会は25人で胴取2人、鉦2人、笛2人とその他は踊り子となっていて、代表は黒澤良一さんです。




この日の最初に演じた二十七は長い間上演したことのない演目で、今回は先代の代表黒澤勝志さんから引き継いて復演したという貴重なものです。

IMG_8756.jpg

田代念仏剣舞は毎年お盆に「南無阿弥陀仏」と刻した念佛供養碑の前で踊った後に庭元宅で踊り、その後は初盆の家々を回向して踊る。

IMG_8763_20171117220822bc1.jpg

最後には松草部落の盛越家で巻物開きを行うしきたりになっているということです。

IMG_8765_201711172208233b8.jpg

高舘の演目では、薙刀を持って打ち合う場面を表現し、平泉落城の際の怨霊慰撫の剣舞になっています。

IMG_8770_20171117220824940.jpg

田代念佛剣舞では最後に、舞い込んだ家への答礼として花踊りのようなものをします。
これが華やかかつキリッとした完結感があって非常に好感が持てます。

IMG_8779_20171117220826e3e.jpg

動画でどうぞ。

2017.11.18 |

2017.11.15 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ剣舞

江繋剣舞 薙刀舞、刀の舞 @ 第45回川井郷土芸能祭

さて、本日は第45回川井郷土芸能祭から江繋剣舞で 薙刀舞、刀の舞 です。

旧川井村にはかつて9つの剣舞組が在ったということですが、現在も活動しているのは岡村、川内、田代とこの江繋の4つだとうことです。
その系譜は概して2系統があると推量される。(確かな伝書がないということですが)
1つは明治初頭に仙台七北田に出稼ぎに行っていた者が踊りを持ち帰ったという田代念仏剣舞の流れで、岡村、平津戸、大畑に伝承されている。
今一つが、現盛岡市の大ケ生念仏剣舞を祖とする系統。
大ケ生から同盛岡市の梁川に伝わったのが川井の川内に伝承され、その後に古田、上川井、桐内と伝わり、そして桐内から昭和30年に江繋に伝えられたと思われます。

現在の代表は石曽根厚志さんです。
構成は、太鼓2、手平鉦2、笛1、舞手が20人程です。

庭入りは何故か太鼓が後ろ向きで入ってきます。
この由来は不明ですが、念仏回向を上げるという剣舞だけに、盆の供養の為に他家に出入りする場合は「常」の入り方とは別にするしきたりなのであろうかと思ったりもします。というか、後ろ向きに入ってくるのがカッコイイですね。




庭入りは、太鼓、手平鉦、舞手の順で輪を作って入り込みます。
最初の薙刀舞は、鉦摺りの軽快な跳ね方に釣られるように薙刀を持った踊り手が輪に沿って踊ります。

IMG_8689_20171115195048a89.jpg

拍子が変わると二人一対になりながら踊ります。

IMG_8691_201711151950500d0.jpg

次に刀の舞になります。
隊列を整え、踊り手が蹲踞の状態から、先頭から二人づつ順に繰り出します。

IMG_8693_20171115195051015.jpg

平泉の高館物怪から端を発したであろう念仏剣舞が陸路にして100km離れたこの地へ伝播するまで幾多の変遷があったと思われますが、諸霊を慰め鎮めるという庶民の願いは同じということを実感させられます。

IMG_8694.jpg

動画でどうぞ。

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2017.11.15 |

2017.10.03 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ剣舞

新里念仏剣舞 四番庭 @ 第51回胆沢郷土芸能まつり

さて本日は、第51回胆沢郷土芸能まつりから新里念仏剣舞さんの四番庭についてです。

その前に新里念仏剣舞さんの由来について

「明治9年化粧坂念仏剣舞の石川勇三郎・村上善太郎の両氏より鴫田の千田新左衛門等が伝授されて始まりました。
今なお、高館物怪独特のものと思われる念仏を唱えてから踊り始めるという形を崩さずに実行しています。
新里念仏剣舞が伝える剣舞の由来は2つあります。
一つは、今から1000年以上も前の平泉・達谷にまつわる赤頭悪路王と坂上田村麻呂の伝説に基づくものです。
もう一つは、大同3年出羽・羽黒山の法印山伏が、お堂にこもって念仏謹行していると、ある夜2人の老人が現れ、衆生済度の要は踊りの面白さをとおして導く方法が最善であると教えられ、その踊りと囃しを伝授されたことに始まるというものです。」

ということなそうです。現在の代表は菅原久さんです。



新里念仏剣舞の保持演目は一番庭、二番庭、三番庭、四番庭、一人怒物、三人怒物、八人怒物等となっている。

この日の四番庭は鬼が抜刀して勇壮に舞うのが特徴という。

IMG_6723.jpg

この日は、大人たちの踊り手に混じって小学校5年生と6年生のこどもたちが見事に踊っていました。

IMG_6724.jpg

新里念仏剣舞の伝書にかくあり

「さて、遊びの由来を委しく尋ね奉るに、釈迦如来の御方便まで多宝仏現し給ひて、七月十四日に壱百参拾六地獄の釜の蓋開く間に亡者を弔い、然れども獄卒慰まんが為に五百羅漢が太鼓笛鉦の拍子で踊りを始め給ふ也。
また、施餓鬼は目蓮尊者の始め給ふ。一度死した人間に還ることなければかくように弔い候えと。
との心地、師匠親兄の冥加の為にて候、委しくは盂蘭盆教に見えたり」

つまり、念仏剣舞は盂蘭盆に先祖供養を中心とする諸霊慰撫の芸能だということがわかります。

IMG_6731.jpg

太刀入りとして「狂をもって四人躍口伝あり」としている。
ともあれ、勇壮な中にも華やかな趣をもつ四番庭でした。
子供たちはよく頑張りました。

IMG_6736.jpg

動画でどうぞ。


テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2017.10.03 |

2017.09.28 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ剣舞

南下幅念仏剣舞 回向念仏・一番庭 @ 第51回胆沢郷土芸能まつり

さて本日は、第51回胆沢郷土芸能まつりから南下幅念仏剣舞さんで 回向念仏と一番庭です。

その前に、南下幅念仏剣舞の由来について

「巻物園鏡傅によると、大同三年、出羽の国 羽黒山峰中権大僧都善光院の法印が荒沢鬼渡大明神の御堂にこもり念佛勤行をしている時、ある夜こつ然と二人の老翁が現れて「衆生済度の近道は舞踊の面白さを知らしめた上に導くことにある」と諭された。それに対し彼の法印は「しからば教えて候らえ」と申し上げたところ、一人は座して歌い囃し、一人は立ちて踊り始めた。伝授し終わると二人の姿は虚空に消えて見えなくなった。とあり、この踊りこそ念仏剣舞の始まりとされている。
以来絶やすことなく保存会を結成し伝承されている。胆沢区内では、八団体の剣舞が指定されているが、他の団体と比し一般的にテンポがゆったりしており、それだけ「力み」があると言われている。」

とありますが、現庭元は高橋哲也さんです。

南下幅念仏剣舞は伝書は失われたものの寛政年3年に文化14年に渡辺甚四郎から卵太郎に伝授され、以降連綿と伝承されてきたということです。源流は衣川の高館物怪といわれ、他の胆沢の念仏剣舞と同じく念仏胴取りとカッカタがつくことが特徴です。

胴は代表の村上厚志さんです。



最初に回向の念仏から始まります。

 光明遍照十方世界 念仏衆生摂取不捨 発菩提心 往生安楽国 

IMG_6625.jpg

一番庭は「扇の舞」ともいわれ、六字名号(南無阿弥陀仏)を唱えながら先祖供養、家内安全等を願い踊られ、庭ものとしては一番長いものとなっているという。

IMG_6630.jpg

輪踊りになりますが、実はこの日の南下幅剣舞では、同じ胆沢の神楽団体である狼ヶ志田神楽のメンバーが舞手として加わっています。何でも胆沢町民劇場での共演が縁で、神楽の面を置いて剣舞も稽古を重ねての出演とのこと。
しかし、剣舞の面コをかぶってても、どの鬼が彼なのか私にはわかりました。特徴ある・・・。

IMG_6635.jpg

舞の最後は、蛇面と白面の狂いで舞い納めます。

IMG_6641_20170928211249462.jpg

動画でどうぞ。

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2017.09.28 |

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -