2016.08.05 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ祭・イベント告知

第41回 奉納 胆江神楽大会のお知らせ

さて本日は、第41回胆江神楽大会のお知らせです。

この神楽大会は岩手県の現奥州市(水沢区、江刺区、衣川区、胆沢区等)で伝承されてきた神楽団体が一同に会して奉納するものでした。
現在では、構成団体の胆江地方神楽振興協議会が主体となって開催しているものです。

そして、今までは日高神社の例祭に合わせて神楽大会を行ってきましたが、今年は祭日が8月22日の月曜日にあたるため、その宵宮という位置づけで21日に神楽大会を開催することになったようです。



下の画像は昨年のものですが、神楽低調地域と言われる胆江地方でこれだけ頑張っているのは賞賛に値します!

小澤市長も田面木教育長も是非見に来てけらっせ!

IMG_4735_20160805193801f58.jpg

2016.08.05 |

2016.06.10 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ祭・イベント告知

登米市民俗芸能大会のお知らせ

さて本日は、久しぶりに上演告知です。

この、登米市の芸能大会では岩手県早池峰神楽の影響を受けた南部神楽と、羽黒修験が広めた浜神楽(法印神楽)の双方が見られる場です。
是非、御足をお運びください。


第12回登米市民俗芸能大会のチラシです。




詳細は次の通りです。

日時:7月17日(日)9:00~16:00
場所:登米市森公民館(旧森小学校)
入場料:1,000円(高校生以下無料)
プログラム:

9:00 上町法印神楽(道祖)
9:25 赤谷神楽(一の谷合戦より首取りの場)
9:50 巻おいとこ踊
9:55 大網おいとこ踊
10:00 開会行事
10:20 長谷山打囃子
10:35 嵯峨立甚句
10:40 小島田植踊
10:55 山ノ神神楽(八幡舞)
11:15 嵯峨立神楽(三宝荒神舞)
11:40 飯土井神楽(岩戸入)
12:05 細野神楽(天祖舞)
12:30 畑岡神楽(一の谷合戦、首取りの場)
12:55 岡谷地神楽(軍勢借り)
13:20 加賀野神楽(忠信、兄継信尋ねの場)
13:45 芦倉獅子舞
14:00 佐沼鹿踊
14:20 とよま囃子、とよま木遣
14:40 浅部法印神楽(村雲)
15:05 長下田神楽(小夜の中山霊験記より初太郎)
15:30 本宮神楽(宝剣納め)
15:55 森邑おいとこ踊


これは平成26年の第10回登米市民俗芸能大会から飯土井神楽の牛若丸の鞍馬登りの一場面です。

DSC02865_201606102031048f8.jpg


テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2016.06.10 |

2016.05.15 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ祭・イベント告知

第12回神楽共演石越大会のお知らせ

さて本日は、神楽共演会のお知らせです。




日時:6月12日(日)9:30~16:00

場所:宮城県登米市石越町南郷字矢作
   登米市石越体育センター

入場料:当日1,200円(前売1,000円)


出演団体・演目:
  
  ・嵯峨立神楽(登米市東和)「三宝荒神」 
  ・狼ヶ志田神楽(奥州市胆沢)「牛若丸秀衡公二度対面の場」  
  ・城生野神楽(栗原市築館)「鵯越の逆落しの場」
  ・長下田神楽(登米市石越)「一の谷合戦首取りの場」
  ・赤谷神楽(登米市石越)「屋島合戦忠信兄継信尋ねの場」
  ・鶯沢神楽(栗原市鶯沢)「小袖曽我」
  ・館下神楽(栗原市築館)「御所の五郎丸狩屋巡りの場」 
  ・富沢神楽(一関市弥栄)「那須の与一扇の的」 
  ・達古袋神楽(一関市萩荘)「弁慶安宅の関」
  ・中野神楽(栗原市栗駒)「義経中尊寺 月見坂の受難」


<画像は昨年度共演会での鶯沢神楽さんの八岐大蛇です。

DSC03690_20160515165839193.jpg

場所はここです。

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2016.05.15 |

2016.03.10 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ祭・イベント告知

神楽の継承 父から子、そして孫へ

今度の日曜日3月13日は一関民俗芸能祭です。
詳細は「祭りの追っかけ メモ板」をご参照ください。

http://maturinookkake.bbs.fc2.com/



この日はプログラムが13ありますが、その内南部神楽が10演目あります。
というのも、「一関」民俗芸能祭と銘打ってるだけに旧一関市内が主体のようです。大東と藤沢の神楽団体は特別出演のようですが、まさに神楽大会の様相です。狐禅寺獅子舞が出ないのが残念ですが。


ところで、この日デビューする神楽舞手が2人います。
先日岩手日日新聞で取材されておりましたが、牧澤神楽の阿部会長さんのお孫さんたちです。

阿部会長さんのお子さんたちも、それぞれ神楽に携わって、牧澤神楽を盛り上げてきました。
この度そのさらにお子さんたちも、親が神楽を舞う姿を見て「自分も踊ってみたい」と望んだということです。

親から子へ、そして孫へと連綿と芸能が継承されていく姿に感激するばかりです。
南部神楽好きの皆さん日曜日は激励の拍手をお願い致します。(おヒネりも!)

12832343_806495536121329_7500654989908775888_n.jpg

場所は、ここです。入場料は当日1,000円です。

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2016.03.10 |

2015.12.31 | Comments(3) | Trackback(0) | カテゴリ祭・イベント告知

登米市内法印神楽実演会

さて、歳末も押し迫って今日は大晦日です。

そんな中ですが、久々にイベント告知です。

もうすでに「祭りの追っかけ メモ板」には掲載していましたが、来年1月17日に開催さ入れる登米市内法印神楽実演会についてです。

これは、登米市内に伝承されている法印神楽三団体が神楽実演するというもので、流神楽として上沼法印神楽と浅部法印神楽、浜神楽として上町法印神楽が出演します。

下の画像は、現在登米市の歴史博物館で展示されている浅部法印神楽の大乗飾りです。



現在神楽上演では省略されることが多くなった大乗飾りですが、今回の実演会ではこれを舞台に飾るということです。

CIMG1612.jpg

また1月31日まで開催されている特別展示「今 に 伝 わ る お 神 楽」では、法印神楽団体が所管する神楽伝書や面なども展示されています。非常に興味深いものばかりです。

CIMG1616.jpg

当日は笠原信男先生の講演「修験道と東北の神楽」もあります。

IMG_20151231_0001.jpg

南部神楽の根底にあったものが見えてくると思いますので、皆さん是非ご観覧ください。

詳細は登米市歴史博物館HPにて ⇒ http://www.city.tome.miyagi.jp/rekihaku/exhibition/exh-top.html


それでは皆々様 来年も良い年になりますよう祈念いたします。

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2015.12.31 |

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -