2018.05.29 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ諸芸

小鳥谷七ツ踊り @ 第38回一戸町郷土芸能祭

さて本日は平成27年開催の第38回一戸町郷土芸能祭から小鳥谷七ツ踊りについてです。

小鳥谷の北西部にある小姓堂地区に伝承されるこの七ツ踊りは、他の七ツ踊り七ツ舞と同様に七種類の道具を持って踊るものです。

一戸町内では他に来田七ツ踊りがありますが、近隣の市町村にも同様の芸能が広く伝播しています。



由来については、坂上田村麻呂が蝦夷を征伐平定した戦勝を祝って踊ったのが始まりといしていますが、それが後に豊作を祈願する踊りとなったという。

地元の御小姓神社や小鳥谷八幡神社の祭礼において神輿の先払いをして歩き、その後は町内を門付けして踊り歩く。

採り物は、杵、棒、太刀、なぎなた、槍、斧、弓で、杵以外は2人1組になって踊ります。

DSC05330.jpg

岩手町から二戸にかけての七ツ踊りの特徴は、この杵舞でしょうか。
七ツ踊りは神楽の演目の一部が独立したものと言われていますが、二戸地方の神楽には杵舞があることも関係しているのかもしれません。そういう訳で杵舞が花形になっています。

DSC05337.jpg

最後に横一列になって投げ草が演じられました。いわゆる礼舞です。

〽 投げ草は 加賀の菊酒よ ソレ
   投げ草は 投げ草は ソレ ソレ
    あげて故郷の土産 故郷の土産 ヤ ヨイサノサーソラ

DSC05340.jpg

動画でどうぞ


[“小鳥谷七ツ踊り @ 第38回一戸町郷土芸能祭”の続きを読む]

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2018.05.29 |

2018.04.14 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ諸芸

津軽石さんさ踊り 中尊寺芸能奉演

さて本日からは、平成29年のことになりますが、9月24日に平泉中尊寺で行われました芸能奉演について取り上げていきます。

この芸能奉演は、東北復興祈願で中尊寺さんが三陸地方の芸能を招待して奉納してもらうという取り組みです。
私も何度か足を運びましたが、日頃は内陸部ではお目にかかれない沿岸部の芸能が近所で見ることができるという光栄な企画でもありますが、込められた願いは亡くなられた方々への鎮魂と、一日も早い復興です。

この日は津軽石さんさ踊りからです。

津軽石さんさ踊りは、藩制時代に津軽石川の鮭とワカメなどの海産物を運搬した五十集衆により盛岡から伝えられたということです。

宮古市の無形民俗文化財に指定されています。




浴衣に五色の腰帯を下げて、頭に花を飾った笠をつけて踊るのが一般的で、盆踊りが起源ではあるものの風流化している。
夏の盛岡さんさパレードで有名になったが、もともとは各地域で門毎に踊るのが通例となっていたもの。

IMG_7113.jpg

旧南部藩領内に広く分布していますが、県北の方に行くと、微妙にナニャドヤラに変遷していくのが面白いです。

IMG_7116.jpg

踊りの内容も、道行きの踊りで庭入りし、様々な拍子で踊りますが、もともと余興的に行われていたと思われるのが「◯◯くずし」と呼ばれる踊りです。

神楽くずし七夕くずし、剣舞くずし、田植くずし等があり、元芸の囃子や踊りの所作を取り入れているのが特徴です。

IMG_7104.jpg

動画でどうぞ。

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2018.04.14 |

2018.03.06 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ諸芸

田頭讃念佛 初盆宅を訪問した時の問念佛 @ 第14回いわい地方民俗芸能祭

さて本日からは、3月4日に平泉文化遺産センターで行われました第14回いわい地方民俗芸能祭についてリポートしていきます。

いわい地方の旧市町村毎に輪番で開催してきているこの芸能祭ですが、今年は平泉町での開催となりました。

まずは、盂蘭盆に念仏を請われた家々や寺を廻って念仏申しをする田頭讃念佛です。

由来譚について当日パンフレットより

「天明年間、小島村三草作(屋号)の佐内という剛力の若者がいて、山に朝草刈に行ったところ、石塚山の穴に隠れようとしている大蛇を見つけ、力くらべをしようと大石を、取っては投げ取っては投げて穴を広げて、大蛇の尾を掴み、満身の力をめて引張った所、半分から千切れて殺してしまった。
帰り道に喉が渇き泉で水を飲もうとした所、水が全部小さな蛇になり、飲むことができなかった。
家に帰ってからも地面いっぱいに蛇がいて歩くこともできなかったという。
寝ても毎夜大蛇の夢に悩まされるので、これは大蛇の崇りと思い西国に寺参りに行き、そこで習得して帰り、地元の人達に伝えたのが始まりでお盆の時に墓でやる様になり、初盆の行事として定着しておよそ、250年位の間、庭元が変りながらも一度も途切れる事なく引き継がれて居ります。
今回は、初盆宅に招かれた時の念佛ですが、ほかに盆棚の前、ご馳走になった時、お寺に行った時、本尊の前、川灯籠を流す時、墓前での念佛など20種類以上の申し言があります。」

ということです。代表は浅利和昭さんです。



この念仏踊りについては、長島の隣地区になる一関市舞川の舞川鉦太鼓念佛を取材したことがありますが、その儀礼と芸態はほとんど同じで、庭元さんが言っておられたように、かつてはこの周辺では多くの集落で同様に盆行事として行われていたことが推察されます。

これらの念仏踊りは欣求浄土や死者への念仏供養を目的としつつ、花笠などの風流も加えて、供養する者の慰めをも兼ねていたことが敷衍の要因となったことと思う。
しかしながら、、北上川河畔のこの地帯では度重なる悲惨な水害を蒙り、甚大な被害を受けてきた。
川辺で荼毘に付する中で鉦と和讃の声が心の救いとなってきたのだろう。

20180304102252.jpg

最後に留め念仏 

〽 点灯を上げて燈明仏を供養し奉る人は 皆現には病難を除き 未来は必ず示現に佛果に至らん事を 南無阿弥陀


この田頭讃念仏は、毎年8月15日の送り盆の、10時ごろから請われた初盆の家などを回って念仏申し、夕方の4時には万福寺で、6時ごろには東松寺で念仏する習わしになっているということです。
ということで、ことしのお盆にはこの田頭讃念仏を追いかけてみようと思っています。  

20180304102836.jpg

動画でどうぞ。

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2018.03.06 |

2017.12.22 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ諸芸

増沢寿舞 @江刺民俗芸能フェスティバル2017

さて本日は、江刺民俗芸能フェスティバル2017から最後の演目、増沢寿舞です。

奥州市江刺区増沢では、神楽や鹿踊等の伝承を増沢郷土芸能保存会として継承活動しているのが特色です。
なので、増沢地区の人達がそれぞれ別の芸能に複数関わっていきながら伝承が途絶えないようにとの工夫なのだと理解できます。
その取組に敬服します。




寿舞は同じ江刺区の広瀬の一二三之関太神楽の大黒舞が増沢に伝わり、広瀬から婿入した菊池栄により大黒舞を習得したことに始まるという。

IMG_9731.jpg

戦争によって一時中断したが、増沢の宝として昭和41年からは増沢郷土芸能保存会として活動を継続しているとのことです。

IMG_9732_201712221943088ee.jpg

ともあれ今回の江刺民俗芸能フェスティバル2017のトリを飾るめでたい演芸舞でした。

IMG_9734.jpg

動画でどうぞ。

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2017.12.22 |

2017.11.26 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ諸芸

川井御戸入 @ 第45回川井郷土芸能祭

さて本日は、第45回川井郷土芸能祭から最後の演目で川井御戸入(かわいみといり)です。
毎回これが最後にくるということは、大トリの芸能はこれということになっているのでしょうか。

由来について「川井村の郷土芸能調査報告書」等より

「大火で古文書等が消失し詳細は不明だが、鎌倉時代の閉伊氏12代の時代に創作されたと伝えられている。神社の開帳にあたり神前に祈りを捧げる儀式を飾るための踊りで、武者が城攻めをする様を表したとされる。
また、門馬早池峰神社にゆかりの門馬別当家に伝わる古文書によると、慶長3年(1598)に神社の行事の参列順序を記した中に御戸入先達者の名がある。」ということのようです。
現在は川井郷土芸能保存会によって伝承され、お盆の門打ちを中心に活動し、会の代表者は八木孝男さんです。

尚、旧川井村にはこの他に江繋と湯澤にも御戸入があるということ。



演目は通り、一番、二番、締めである。
通りは門打ちの家などに向かうときの道行の曲。
一番は「しょでぇきり(初出切り)」とも呼び、二番は二番切りとも言った。

庭入りは後ろ向きに太鼓2人と摺鉦2人が最初に舞い込む。
次に天狗と米撒きが続く。米撒きは途中で餅を撒くので会場内が大変賑わいます。

IMG_8909_20171125150344a45.jpg

採物はバラ(竹刀)、刀、薙刀、鉞、棒、キギ(杵)、弓の7つで、それぞれ二人づつ踊ります。

また、昔は道化がついて、赤いサルのような装束だったということです。

踊りは激しく跳びはねる所作と、採物を打ち合う所作が繰り返されます。

IMG_8913.jpg

笛の調子は七頭舞をゆっくりにしたもののようです。
もともとの起こりは神楽のシットギ獅子のようですが、岩手県内では閉伊郡以北の沿岸部と岩手郡や二・九戸郡に七つ採物舞が多彩に伝承されていますので、それらを比較しながら鑑賞するのも楽しみです。

IMG_8923.jpg

最後の締めでは、弓を持った二人が前にでて、大きく跳ね踊ります。ここが最高の見せ場のようで、会場内は大いに盛り上がりました。

IMG_8935.jpg

動画でどうぞ。

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2017.11.26 |

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30