FC2ブログ
2019.01.18 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ神楽

神楽伝承本について考えるvol.3 大原神楽の「風流諸作 御神楽詠議本」その1

さて本日は神楽伝承本について考えるシリーズの第3弾です。(という程おおげさなものではないが)

奥州市衣川の大原神楽で伝えられている神楽の演目と神諷を小坂盛雄氏が著した快作です。
とある知り合いのつてで偶然に手に入れることができた貴重な本です。

大原神楽は現在の代表高橋末男さんの父親高橋辛さんが一関市山谷から衣川に婿入して伝えたことに始まる。
神楽を始めた頃のことについて同書「集録のはじめに」で小坂盛雄さんがこう記している。

「昭和43年、師匠辛氏の手伝いをして大原の神楽の成立を見、更にその後45年大森子供神楽の発祥を見るに至り、神楽が郷土芸能の一端であるとともに、その伝統を纏めて記録する必要を考えてみた。
昔からの神楽には種目も沢山あったようだが、その全部を集めるなどということはとても難しく、今回はこの記録には自分が若かりし時の一座が演じたもののみを集録したものであり、そのために内容の踊りについては多少自信はあるつもりである。」
として、当時神楽を記録しておかなければ潰えてしまうのではという危機感から自らの心技を伝えようとした情熱が感じられる。

また、共に大原の神楽を盛り上げ、かつ大森こども神楽創生に携わった当時大森分校教員の佐々木久雄(三好京三)さんが巻末言でこう讃えている。

「大原神楽一座に、小坂少年が入ったのは、彼が十四才の時だった。
彼は背は小さいが、記憶力が抜群で、しかも美声であった。
新入りだったから、激しく体力を消耗する「みかぐら」や「山の神舞」を踊らされることが多く、劇神楽では端役にまわされて、ほとんどの幕に出演させられた。
鉦すりも人の倍はやらなければならなかった。
それが幸いした。
神楽の大部外を見聞きし、学習する機会を持ったことになる。
優等生でありながら高等科に進めたかったかなしみを、小坂少年はいつも胸に秘めていたが、それが冋時に、新入りの苦痛をはねのけるばねになった。
吸い取り紙のように彼は神楽を吸収した。(中略)
小坂先生の詠議本が出る。
それは今流行の郷愁文化というべきものへの奉仕ではまったくない。
全身に汗しておどる神楽人たちへの精一杯のおくりものである。
亡き仲間たちへのかなしい回向である。
そして愛すべき神楽の存続への切ない願いである。
形式はむかしの神楽少年たちの詠議本をなぞった。
これこそが詠議本である。」
と。

小坂盛雄さんと三好京三さんがそういう想いで発足させた大森こども神楽は、今も隆々たる神楽団体として活躍していて、昔の演目も復演するなどして両氏の想いに報いているのもこの伝承本あればこそと思います。



小坂盛雄さんは少年のころ優等生であったが高等科に進めなかったが、後に衣川村教育長も務める等勤勉努力の人であったというが、その性格は文字にも顕れている。
達筆であるし、これだけの神楽演目を頭の中に入れていたということは驚愕に値する。

20190118_201036027.jpg

という訳で、本日はここまで。明日は神楽伝承本の演目について掲載します。

DSC01406.jpg

本日の動画は平成23年2月に開催された第21回ころもがわ神楽まつりでの大原神楽「一の谷」です。

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2019.01.18 |

2019.01.17 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ神楽

狼ケ志田神楽「風流羽衣」@奥州こども芸術発表会2019

さて本日は、奥州こども芸術発表会2019から狼ケ志田神楽で風流羽衣です。

狼ヶ志田神楽さんの由来について(南部神楽系譜調査報告書より)

「狼ヶ志田神楽は、文久元年神楽の祖、菅原甚太郎、菅原新右エ門、菅原今朝吉、小野寺長蔵等が、小山、中沢神楽の本庄板太郎より山伏神楽を伝授された。
明治二十五年十一月、菅原甚太郎が上昼沢佐藤家を通して達古袋と縁組をしたことから、西磐井郡萩荘村達古袋阿部徳太郎、小岩彦三郎両師匠より達古袋神楽を伝授された。
達古袋神楽は、達古袋に永住した羽黒山系山伏一七代元道常学院相模坊が指導したと言われる。
大正五年二の台、養ヶ森、大正八年恩俗、衣川雲南田等に狼ヶ志田神楽を伝授している。
明治二五年初代庭元菅原甚太郎より昭和四四年九代庭元青沼松男に引継がれている。」

現在の代表jは高橋先雄さんです。



さて演目の風流羽衣は、狼ヶ志田神楽さんとしては10年ぶりの復演ということで、演じるのは中学生女子たちです。

神楽をやりたいと志願してきた二人の中学生に羽衣を教えてこの日のために練習してきたということです。
何とも頼もしい話ではないでしょうか。

さて、羽衣です。

演目としては山伏神楽由来のものですが、古くは奈良時代の風土記に説話として描かれ、後には三保の松原の羽衣伝説が有名です。南部神楽では、能楽の羽衣を底本として描かれております。

天女です。

IMG_8247.jpg


漁師の白龍です。

IMG_8249.jpg

天女が松の枝に掛けた羽衣を見つけ、家の宝にと持っていったので天女は元へ帰ることができなくなる。

IMG_8254.jpg

羽衣伝説には、両者が夫婦になって子を残して天に帰るパターン等がありますが、南部神楽では漁師が天女に天人の舞を見せてくれれば衣を返すという筋立てになっています。

IMG_8257_201901172008265c7.jpg

かくして目出度く天に帰ることとなり、天女と白龍のが祝の舞納めとなりますが、この日はもう一組の天女と白龍のダブルキャストでした。
これからも神楽続けてくださいね。

IMG_8266.jpg

動画でどうぞ

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2019.01.17 |

2019.01.16 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ諸芸

奥州平泉子ども歴史講談「輝凛会」「川西大念仏剣舞誕生の章」@奥州こども芸術発表会2019

さて本日は、昨日に引き続き奥州こども芸術発表会から奥州平泉子ども歴史講談「輝凛会」で川西大念仏剣舞誕生の章です。

外題の川西大念仏剣舞誕生の章とは正しく衣川の民俗芸能であり、その発祥譚は平安時代の藤原清衡に遡る。

川西念仏剣舞の由来について。

「藤原清衡公が江刺の豊田館から衣川を越えて平泉に入り柳の御所造営していたころ、夜な夜な亡魂が物の怪となって世の中を荒しまわり、人々を恐れおののかせ惑わせました。清衡公は、これはどういうことかと、中尊寺のお坊様に相談しました。お坊様は「これは、過ぐる前九年・後三年の合戦において非業の最後を遂げた人たちが、成仏しきれずこの世をさまよっているものです。刀や弓で収められるものではなく、お釈迦様のお力で鎮めるしかありません」と語りました。清衡公は早速、山王権現に七日七夜のおこもりをしました。満願の日に一匹の猿公が現れ、荒れ狂う亡魂の中に混じり、猫間が淵(柳の御所と無量光院の間)に沈めていきました。御仏が猿の姿に身を変えて亡魂たちを浄土へと導いたのだと気づいた清衡公は、このことに感激し、家来の佐野弥左衛門に命じて、この様子を模し、創らせたのが川西大念仏剣舞です。なお、剣舞を創った佐野弥左衛門は、金色堂前の一角に葬られ、その墓は現在も剣舞塚として語り継がれています。」

ということで、伝承の地には石碑が建てられている。



川西念仏剣舞の由来についてです。

「藤原清衡公が江刺の豊田館から衣川を越えて平泉に入り柳の御所造営していたころ、夜な夜な亡魂が物の怪となって世の中を荒しまわり、人々を恐れおののかせ惑わせました。清衡公は、これはどういうことかと、中尊寺のお坊様に相談しました。お坊様は「これは、過ぐる前九年・後三年の合戦において非業の最後を遂げた人たちが、成仏しきれずこの世をさまよっているものです。刀や弓で収められるものではなく、お釈迦様のお力で鎮めるしかありません」と語りました。清衡公は早速、山王権現に七日七夜のおこもりをしました。満願の日に一匹の猿公が現れ、荒れ狂う亡魂の中に混じり、猫間が淵(柳の御所と無量光院の間)に沈めていきました。御仏が猿の姿に身を変えて亡魂たちを浄土へと導いたのだと気づいた清衡公は、このことに感激し、家来の佐野弥左衛門に命じて、この様子を模し、創らせたのが川西大念仏剣舞です。なお、剣舞を創った佐野弥左衛門は、金色堂前の一角に葬られ、その墓は現在も剣舞塚として語り継がれています。」

ということです。

川西大念仏剣舞は大人の伝承も行われていますが、地元の衣里小学校の子供達で川西大念仏剣舞子ども同好会が結成されて伝承活動を行っています。

DSC07709_201901162011556fd.jpg

さて講談です。

藤原清衡が後三年の役の後に平泉に柳の御所を築造しようとした時に、北上川から火の玉が沢山飛んできて民衆を悩ませていた。
そこで家来が兵300を出して火の玉を撃とうとするがやむ無し。




1-IMG_8241.jpg

そこで藤原清衡は、関山にある山王権現に七日七夜籠もって祈願したところ、一匹の猿が現れて後三年の役で亡くなった 武士の霊を導いたところ猫間ヶ淵に消え失せて災いが止んだと。

それより関山に中尊寺を建立するとともに、戦で斃れた武士たちを鎮めるため亡魂に因んで剣を振りかざして舞う念仏剣舞を修することで世の中の平和を願ったという物語。


講談に限らず、農閑期に村々を廻る浄瑠璃や祭文語りなどを好んで受け入れてきた当地方であるだけに、こういった語り物は現在でも生きていくことと思います。

1-IMG_8243.jpg

動画でどうぞ


テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2019.01.16 |

2019.01.15 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ諸芸

奥州平泉子ども歴史講談「輝凛会」「一の谷合戦の章」@奥州こども芸術発表会2019

さて本日は、奥州こども芸術発表会2019から奥州平泉子ども歴史講談「輝凛会」で一の谷合戦の章です。

奥州平泉子ども歴史講談「輝凛会」というのは、奥州市衣川地域の小中学生が歴史講談グループ奥州衣川青凜会の指導を受けて講談を習得している子どもたちです。

平泉衣川地域にまつわる歴史を生き生きと伝える話芸を磨く「子ども講談教室」は開講依頼2年目を迎え、11人の子どもたちが講談を通じて郷土愛を育んでいるということ。
小学生ながら堂々と大きな声で表情豊かに演じていました。



この日は2つの演題を講じたので、一話ずつわけて掲載します。

講談は戦国時代に辻講釈として始まったものが、江戸時代に寄席芸能として定着したという。
主に軍記物や政談を張り扇で拍子を取りながら聞かせたもので、江戸後半には人気を博した演目が歌舞伎や浄瑠璃に書き直されて上演されることもあったという。
そういったわけで、講談と南部神楽の劇舞演目との繋がりを考える上で講談ということも一考してみるのもよいかと。

ちなみに講談には源平の巻というものがあり、平清盛の隆盛から源平合戦、平家没落までを語るものとなっている。

輝凛会の一の谷は、義経の鵯越の逆落としから屋島・壇ノ浦の合戦、そして戦功あるも兄の頼朝に疎まれて奥州平泉へと降るまでを語る一席となっていました。

てなわけで、子どもたちの元気な講釈をお聞きあれ。

IMG_8240_20190115211735589.jpg

動画でどうぞ

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2019.01.15 |

2019.01.14 | Comments(0) | Trackback(0) | カテゴリ神楽

小田代こども神楽「三番叟 道化付き」@奥州こども芸術発表会2019

さて本日からは、1月12日に奥州市文化会館で開催されました奥州こども芸術発表会のリポートとなります。
トップバッターは小田代こども神楽で三番叟で追っかけの道化付きです。

その前に、小田代神楽さんの由来について定本より。

「明治二八年一○月、部落の氏神五十瀬神社に神楽を奉納するため、氏子総代の植田喜作が庭元となり、羽田の鴬沢神楽から師匠を招き指導を受け、小田代神楽を創設した。
 初代庭元植田喜作、二代及川春治、三代及川清志四郎、四代~五代及川篤男である。」
とあります。初代の植田喜作が指導を受けたのは菅原金之丞とあるが、金之丞は千葉栄佐衛門とともに瀬台野神楽を立ち上げた人物であり、後年田原の蟹沢に婿入りして蟹沢神楽を創設し、周辺の地域にも神楽指導をした。

そして現在の第六代目庭元は及川章さんです。

小田代神楽さんでは、特に子どもたちへの継承活動に力を入れていて、その成果が現れたこの日のステージとなりました。



さて三番叟です。

雲張りでの歌は

「よしがのに よしがのに 日は照るとも 常に絶えせぬ鳴る滝の水
鶴殿 亀殿 歌ましあれば 幸い心にまかせたり」

IMG_8215.jpg

舞出てくるのは小学生の舞手、この日は追っかけの道化役とともに小学生コンビで頑張りました。

IMG_8219_20190114180923324.jpg


一渡りして胴取との掛け合いになります。

掛け合いの終盤で三番叟が

「我らが拍子と申するは、鹿嶋で習いしことなれば、鹿嶋拍子と申して上の拍子も八拍子、三島で習いしことなれば、三島拍子ともうして下の拍子も八拍子、おっとり合わせ 取り合わせて囃してたもれや胴取殿」

と問いかけると銅取が「それ程難しい拍子なら打つとも舞うとも勝手にしたまえ」と太鼓を転がして出す。

S1610041.jpg

マゴチョイにのって三番叟が軽快に舞っていると、会場から道化が出てきます。

三番叟の道化は、三番叟自体が翁舞の白翁のモドキであるのに対して、さらにその三番叟のモドキであるということ。

IMG_8226_201901141809264c0.jpg

三番叟のマネをしながらも面白おかしく舞うのが約目です。大人の場合はこの技は至高の神楽人のみ舞うことができるものという。

IMG_8228_20190114180928266.jpg

三番叟が幕に入ると残った真似三番叟が風呂敷包みから餅を取り出します。
この日は小田代神楽さんのはからいで場内に餅まきのサービスまでありました。
私も恩恵に預かり食しましたが柔らかくでおいしい福餅をいただき、今年一年の御利生を得ました。


IMG_8234_20190114180929d45.jpg

動画でどうぞ

テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

2019.01.14 |

«  | ホーム |  »

プロフィール

祭りの追っかけ

Author:祭りの追っかけ
祭・・・それは祈り、畏れ、そして縋り付くばかりの信仰、神人共生の歓びの象徴。さて、明日のエネルギーの糧を求めに彷徨おう。

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -